冬到来 無垢床チーク材 足に感じる冷たさの実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リノベーション後 リビング

 

関西でも冬らしい寒さが続いています。

南向きの我が家。日頃生活しているリビングダイニングは室温20度。

日がある時は暖かく暖房を入れずに生活しています♪

 

そのかわり、北側の寝室は室温15度。日もたいして当たらずひんやり。

昼間でもかなりの温度差があります。

 

温湿度計をリビング、洗面所、寝室にそれぞれ置いています。

温度を見るというよりは乾燥対策をするため置き始めました。

 

自称冷え性ではないわたしは今の時期でも家では靴下を履かずに生活しています。

自称冷え性の夫は夏でも靴下を履いて生活しています。(無垢床なのにーーーーー)

 

冬でも無垢床を満喫しようとちょっと無理していると夫には思われているみたいですが、

やせ我慢ではなく、このくらいの室温なら履かなくても大丈夫です!

 

逆にキッチンのPタイルの方がひやっとします!コスト面で有利!Pタイルとクッションフロア

シンプルヒューマン ゴミ箱 キッチン

 

ちなみに我が家で採用しているチーク材は床下暖房対応のタイプです。

ゴールデンチーク 75幅 FJ 【フィンガージョイント】 自然オイルクリア塗装品

無垢材 杉vsオークvsチーク 比較結果はこうなりました

 

床下暖房なんてなくても、関西の冬なら越せそうです。

ご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加してます。

もしよろしければ応援をお願いします。

↓順位はこちらから確認できます~


にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*