無垢チーク材 冬になると歪む 実態を写真で公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
無垢 床 チーク材 冬 歪み

 

木は生きているんです。

 

リノベーション物件 実体験 住んでみると色々ある件

 

設計さんによく言われました。

『木なので歪などはあります。』と。

 

そうなんです、それは仕方ないんです。

 

がどこまで許容範囲なのか。

最近になって気になってきました。

 

かなりアップで撮った写真。(すみません、ぼけてます。)

つまようじは入ると思われる隙間があります。

無垢 床 チーク材 冬 歪み

 

この部分はほとんど隙間はありません。

無垢 床 チーク材 冬 歪み

 

隙間に切った爪がはさまっているようです・・・なんとっ。がっかりですね~

無垢 床 チーク材 冬 歪み

 

巾木との間にも隙間があるように見えます。

無垢 床 チーク材 冬 歪み

 

場所によって様々ですが、ゴミがはさまるほどの隙間は全然あります!

うーーん、仕方ないと思いながら、どうやってそのゴミを取ればいいのか悩ましいです。

 

夏の時はどうだったのか!と言われたら・・・覚えていない。

無垢材を採用するなら歪み、隙間は覚悟が必要です。本当に隙間できます!!

また、季節によってどう変わっていくのかご報告したいと思います。

 

 

今年は中古マンションを購入し、念願だったリノベーションをするという一大イベントがあり、

育児や家事をしながら慌ただしくも充実した一年でした。

このブログに足を運んでくださる方々には感謝です。ありがとうございました。

少しでもお役に立てそうな話を載せていけたらなぁと思っています。

また来年もよろしくお願いいたします。

 

 

ご訪問ありがとうございます。

ランキングに参加しています。

もしよろしければ応援をお願いします!

にほんブログ村

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*