めざせコスト削減!施主支給できるものとできないもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
施主支給

 

リノベーションはコストメリットがあると言われていますが、

こだわり出すと案外コストがかさむものです。

そこで少しでもコストを抑える方法、施主支給についてお伝えします。

 

施主支給(せしゅしきゅう)

⇒施主が自分で商品を手配し、施工会社に支給すること

 

見積書をいただき、どこでコストを削減できるか家族会議を行いました。

知恵をしぼるも、大幅な削減というのはなかなか難しい~うぅ~

施主支給!これなら少しはコストが削減できるのではないかと調べました。

 

◆施主支給できるもの

・便器

・温水便座

・キッチン水栓

・ガスコンロ

・洗濯パン

・洗面ボウル、水栓

・レンジフード

・食洗機 

などなど施主支給できるもの、結構あると思います。

※お風呂やシステムキッチンはかなり難しいと思いますが、できないことはないと思います。

 

我が家の場合は、この2点だけ。

・温水便座

便器だけつけてもらう予定。便座もなし。

⇒のちに電気店などで温水便座(ウォシュレット)自分で手配するつもり
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 ・食洗機

電源、給排水の工事だけしてもらい、よく出回っているサイズ(45cm幅)が収まる幅に

⇒のちにインターネットでパナソニックのビルトイン食洗機を自分で手配するつもり
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

手配したものが悪いのか、工事の仕方が悪いのか

責任分界点がわかりづらいという理由から

施工業者によっては施主支給を断っているところもあるようです。

 

上記の2点については了解いただけたので、これですすめることになりました。

 

施主支給があまりできない我が家のコスト削減方法は

やはり既存再利用をどれだけできるかがポイントな気がします。

 

住んでみてから、気になるところは自分たちで

工夫して作っていきたいなぁと思います。

これからDIYにも挑戦していきたい~

 

・材料費

・施工費(←この施工費が高いんですよね~職人さんのお給与、それは仕方ない!)

DIYすると基本的には材料費だけでいけますもんね。

 

コストカットのコツやポイントを紹介した記事はこちら

コスト面で有利!Pタイルとクッションフロア

お風呂が高い!諦めないコスト削減のポイント

リノベーション費用削減のコツ

 

ご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加してます。

もしよろしければ応援をお願いします。

↓順位はこちらから確認できます~


にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*