家で煙を気にせずに焼肉を思いっきり楽しむ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
家 焼肉

 

今の家でも自宅で焼肉をよくやっています!

今回のリノベーションでテーマのひとつとなった焼肉部屋について

お話しします。

 

焼肉を外食しない理由

1.コストを抑えることができる

2.好きなお肉だけを遠慮なく食べられる

3.食べた後、食べている時もゆっくりテレビを見ながらできる

 

やって失敗したこと。

エアコンをつけてやると2~3日は臭いが取れず、悪臭の中で生活することになります・・・

 

とりあえず、夫婦そろって焼肉とお酒が大好きということで、

今回リノベーションするにあたり、大きな要件となっていました。

まったり、ゆっくり焼肉、好きです~

でも家でやると片付けと臭いがあるので、そこだけは残念ですが。

 

その臭いとなんとか、特定の部屋だけに収めようと

焼肉部屋を作ることにしました♪

 

ただ、広くない我が家、専用の焼肉部屋を作ってしまうのはどうしても

もったいないということで、

・客間

・キッズスペース

・焼肉部屋

この3つの機能を1つの和室コーナー実現することにしました!

かなり強引な感じもしますが・・・

 

和室なので、

通常はキッズスペースに。

たまにある来客のお布団を敷けるスペースに。

月に数回ある恒例の焼肉スペースに。

 

焼肉部屋の要件

1.換気扇をつける

そのために天井を作ることに。ううぅ、コストここはかさみました。

換気扇自体は大した金額しません。

2.部屋を独立させる

壁と建具をつけてもらうのに、結構コストかかりました。

ただ、木の扉で仕切ってしまうと狭い上にかなり狭苦しい部屋になるので

ガラス、アクリルが入った建具を採用することにしました。

3.キッチンからのアクセスがいい

お肉を運んだり、洗い物運んだり、どうしても関係性は高いので。

ただ、密閉性を求めるとキッチンとの境目にも扉をつけることに。

4.収納は確保し、密閉性も兼ね備える

お肉を焼くプレート?など収納できるようにその部屋自体にも収納を。

オープンな収納だと煙が・・・ということでここにも建具つけてもらいました。

 

かなり小さいスペースですが、独立した畳部屋を設けることで

実現しようと目論んでいます。畳は大丈夫かな~(油跳ねが。そして臭いがねーー)

 

どこにお金かけているのだ!という感じですが、好きな焼肉を楽しむため

思い切ってここはやりたいように設計していただきました♪

 

今はバンバン煙がでる単なるプレートで焼いてしまっていますが、

新しく無煙タイプのプレートも気になります~いくら換気扇をつけて部屋を独立させても

その部屋はかなり臭くなるーーー(それは覚悟していますがw)

 

これ以前から気になってけど、専用ボンベが必要なのがネックですね・・・

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
これはカセットボンベでもOK!これはどうなか、煙具合・・・

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

新しいおうちで焼肉する日が楽しみです♪

ご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加してます。

もしよろしければ応援をお願いします。

↓順位はこちらから確認できます~


にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*