こんな中古マンションはリノベーションに向かない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マンション

こんな中古マンションは危険です。

購入前に是非チェックし、もし該当するようであれば、

少し検討されてから購入する、もしくは縁がなかったと

思って次の物件探しへ切り替えていくことをおすすめします。

 

・外壁やモルタル壁に大きな亀裂がある

建物やコンクリートの寿命はメンテナンス次第です。

しっかり補修されていないような建物はかなり危険です。

 

大規模修繕工事に必要な修繕積立金が不足している

のちに修繕工事の際、一時金などを回収されることがあります。

滞納率が開示されていることもありますので、事前に確認を。

 

自転車置き場やゴミ置き場などの共用部が整然としない

管理組合としての取り組みがいい加減な可能性があります。

そもそも住んでいる人のモラルの問題でもありますが、ここは要チェックです。

 

・ペット不可なのに飼っている人がいる

管理規約上、禁止の場合でも飼っている人がいます。

そもそも住んでいる人のモラルの問題でもありますが、ここは要チェックです。

 

・壁式構造になっている

リノベーションする際に、制約となり壁がとっぱらえないなどの可能性があります。

間取りを大幅に変更される場合はなお要チェックです。

 

・フローリング規定がない

リフォームやリノベーションする時、L-45相当の規定がないと、

自由に工事することができてしまうことで、騒音などに悩まされることになります。

 

・スラブがあまりにも薄い

スラブ(コンクリートの床)があまりに薄い場合、

騒音対策をしてもなかなか騒音の問題が解消されないことがあります。

確認できるのであれば当初の設計図など確認を。

 

・すでにリフォームやリノベーションがされている

これらの費用は販売価格に計上されていることがほどんどです。

ここからさらにリノベーションする場合、非常にもったいない!

使えそうな設備ならそのまま使うことも可能ですが、できれば

ほどよく手入れされているが、大規模なリフォームなどがされていない方が◎

 

リノベーションすることで内装や暮らしはきっと理想に近づけますが、

マンションの場合、自分ではどうにもならない点があることも事実です。

少しでも快適な暮らしを送れるよう、後悔のないように確認しておくことをおすすめします。



ご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加してます。

もしよろしければ応援をお願いします。

↓順位はこちらから確認できます~


にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*