天井 露出配線となってしまうケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
露出配線 モール

 

ほとんどの人が、天井なんて大して見ることもなく生活していると思います。

リノベーション物件では、間取りを変えること多く、

場合によっては天井に配線がむき出しになってしますケースもあります。

そうなると案外気になるものです。

 

例えば

・元和室の場所をキッチンへ

・元キッチンの場所をウォークインクローゼットへ

 

マンションの天井は直天井、もしくは二重天井になっています。

 

・直天井

コンクリート(スラブ)に直接塗装やクロスを貼り仕上げています。

天井が高く、塗装などの場合はコンクリートの質感がそのまま出ます。

配線やダクトはそのままむき出しになります。

 

・二重天井

コンクリート(スラブ)の上に木材や下地を使い数十cmの空間を作ります。

その上から塗装やクロスを貼り仕上げています。

そのため天井は低くなりますが、必要な配線やダクトをその空間に隠しています。

 

間取りが変わることで、これが結構悩みの種にもなります。

我が家は直天井だった場所をキッチンにする予定です。

キッチンには照明以外に、ガスのぴこぴこ関連(ガス検知機、煙検知器)

があり、配線むき出しで施工となります。天井に露出配線がはびこるーーーー

配線がむき出し、同じ色にしても数が多いとこれが目立つんですよね…

(人のうちの天井なんて見たことないだろうw)

 

二重天井にすればいいじゃないかと思ったのですが、またしてもコストが…

天井が低くなる上にコストも工期もかかるということで直天井のままに。

 

露出配線が気にならない人は問題ありませんよー

逆にそれがリノベーションらしくなるような気もしています。

 

間取りを考える際には天井のことも、ちょっとだけ考えておくといいと思います。

(それでも間取りや家事動線が優先にはなると思いますが。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*