物件探し 我が家のこれだけは譲れない!9つの条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マイホーム

 

いざ物件探しが始めるとぶれるもの、それが希望条件。

ない、ない、ない!該当するような物件がないとなると、

条件見直すしかないのかなとなります。

そして、その希望条件の中でも優先順位があって、これがさらに難しい。

予算もあるし、ハザードマップも気になるし…

単に希望や条件だけで探しても上手くいかないなぁというのが本音です。

 

 

地域は限定していました。夫の職場に近いのが最優先というのが我が家の考えでした。

夜遅くまで働いて平日は寝るだけ、なんて寂しすぎます。

帰って少しでも夫がゆっくり休息できるような家、家族が安らぐ場所がほしい。

それが我が家の家探しの原点、『家がほしい理由』をご覧ください。

 

その他、希望する条件としてあがったのがこちら。

 

・水害の可能性が低い

昨今、色んなニュースが飛び込んできて、やっぱり怖い。

いざ、起きてしまうかもしれないけれど、できれば可能性が低い土地を選びたい。

地図上で、池・水・田・沼・津という漢字がつくような場所でできれば避けたい。

大昔、きっと田んぼか何かだったんだろうなと予測できます。

・可能なら新耐震基準

南海トラフ地震が来るとどうにもならないかもしれないけれど、やっぱり怖い。

・駅から歩ける

5分とか、贅沢なことは言わないけど、絶対バスとか歩けない距離だとやっぱりつらい。

・大通りに面していなくて静か

便利さと静かさ、どちらが大事かというと、静かさ。一番の理想は大通りから1~2本

奥に入ったところ。

・駐車場1台分は確保したい

今は車持ってないけど、持てるような選択肢を残してはおきたい。

・治安が比較的いい

これは何とも言えないけれど、正直重要なところ。不動産屋さんの営業マン曰く、

子供を持つお母さんは必ず、学区を確認されるそう。

実際に通わせる時になって引っ越すのは難しいし、私立なんてもっと難しい。

また、あまり人気のない学区だと売りに出しても買い手がつきにくいとのこと。

・日当たりがよい

南向きでなくても、明るい部屋がいい。

・できれば2階建て

3階建てだと老後が心配。(いつの話やねんw)

・住宅ローン減税対象

利用できる制度を利用しない手はない。賃貸では受けれなかった恩恵を是非受けたい。

 

などなど。中古の戸建てを探していた我が家ですが、

不動産屋さんの話を聞きそれは難しいことと思い作戦を変更せざるを得なくなりました。

『中古物件探しで一番大切なこと』 

 

内装や設備に関する希望がないじゃないと思われたと思いますが、

リノベーション向き物件探し

をスタートさせていたので、その辺りは購入後、なんとでもなる!

ということでまったく希望条件にあげていません。

 

我が家のざっくりとした譲れないポイント

・自由にできる(リノベーション向き)

・安心して住める(水害、地震、治安)

・住み慣れた町

希望条件を見直す時もこの原点に戻り、いつも見直していました。

外せる条件は本当にないか、当たり前と思っている条件は案外外せるのではないか。

人とは違った条件にすることで、案外不動産は見つかりやすくなります。

 

所詮、皆同じような条件で物件を探されています。ライバルが多いっ!

うちの場合は築年数が古くてもよい、改装はされていなくてもいい、

ということでライバルたちに差をつけて物件探しを続けました。
 




 

ご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加してます。

もしよろしければ応援をお願いします。

↓順位はこちらから確認できます~


にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*