平田タイル ブルーグレーの色見がわかりづらい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
タイル ブルーグレー

キッチンカウンターに平田タイルのタイルを施す予定です。

 

『ニットコウ (日本塗料工業会)』の見本帳

この色にそっくりです。私の中ではブルーグレー。

D65-70B

 

設計士さん、職人さんと色見の認識を合わす際に使用しています。

打合せなどで結構苦労するのが、色決め。

この手の微妙な色合いが伝わりづらく、結構難航します。

 

後から見本帳を見ても、はて?どれ選んだっけな?と思うくらい 似ている色があるため、

選んだ自分ですらわからなくなります。

厳密に色番号を控え、その他のクロスの色、アクセントカラーの色など

最終的にはすべて色番号を指定する必要があります。

 

妄想で、『こんな色見がいいな~』と思っている頃は本当に楽しかった~

いざ、色番号(品番)を指定するとなると、ファイナルアンサー?!

これでいいのか と最後の最後まで悩んでしまいます…(優柔不断すぎる~)

 

施工例の写真があればまだイメージがしやすいですが、これも少し問題が。

パソコンなどでその施工例を見た場合、液晶によっては色見が全然異なります。

なので、やはり現物を見るしかないということになります。

ショールームへ通い、色番号を細かく指定することが設計士さんとも齟齬がなく

スムーズに打ち合わせもすすみます!ここは惜しみない努力を!

 

大阪本町の平田タイルのショールームに行ってきました

 

ご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加してます。

もしよろしければ応援をお願いします。

↓順位はこちらから確認できます~


にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*