建具は再利用!ドアノブ選びが困難な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
扉

毎日必ず触れるもの、それはドアノブ。

今までの生活ではまったく気にせず暮らしていました。

でも毎日触るもの、とても大事です。

ドアノブに限らず、リノベーションの打ち合わせをするようになって

今までまったく気にも留めていなかったこと、よく見るようになりました。

・この壁はクロスかな、塗装かな

・棚の仕上げはオイル塗装かな

・窓枠は木製かな、アイアンかな

・床はタイルかな、Pタイルかな

・照明は何個使われてるかな

などなど

第一、ドアノブに関してはどういうメーカーさんが作っているのかも

知りませんでした。 (日常で買うことって少ないですしねw)

toolbox

上手工作所

UNION

GOAL

ギャラップ

他にももっと種類があると思います。

 

でも残念なことにこれは一般ユーザーには サンプル請求が難しいと思います。

(業者さんがサンプルを取り寄せてくれましたが、レンタルだそうです。)

アイアンパーツ、ありました。 がこれは触ると…鉄棒した後の手の

においぃぃーーーー臭いw

 

サンプルを手に取ってみないとわからないものですね。

コストの観点で建具を既存再利用する場合、

ドアノブだけでも新調すると随分雰囲気が変わります!

 

我が家も洗面所とウォークインクローゼットの扉は既存再利用です。

ドアノブのみ交換です。

 

おすすめですが、選ぶドアノブによっては、

そのまま交換できないこともあるようですので要注意です。

(加工すると交換可能ですが、逆にコストがかさむこともにも…)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*