洗面所のクッションフロア選びのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
クッションフロア サンゲツ HM1162 施工例

 

我が家の中でもお気に入りの場所、洗面所。

 

洗面所に関する過去の記事はこちら。

WEB内覧会 洗面所兼脱衣所編

 

リノベーション時の打ち合わせで時間を結構割いたのが床材。

今までインテリアはもとより、他の建材についてあまり深く考えたこともなく、

いちから考え、色んなイメージを見て、サンプルを取り寄せて・・・というのが

しばらく続いていました。その時はかなり悩みました。

 

 

コスト面で有利!Pタイルとクッションフロア

 

結局、メンテナンスがしやすそう、コストが抑えられる、足が冷たくない

という理由で洗面所の床材はクッションフロアになりました。

本当はタイルとか竹材とか憧れでしたが、足、冷えますしね。

 

クッションフロアの最大のデメリット。

それは嘘っぽい。

表面に柄がプリントされているので仕方ない。

 

それでも案外探してみるとその柄も悪くありませんでした。

ほとんどベーシックなものを中心に探していたので柄という柄はないに等しいですが、

候補になったクッションフロアを紹介します。

 

クッションフロアメーカー

 サンゲツ

  CM1263 アンティーク調

  HM1162 布が織りなす縦と横の糸のよう

最終的にこの2つを採用しました。

洗面所とトイレをクッションフロアにしようと決めていたのですが、

結局1つに絞れず、それぞれ別のクッションフロアを敷いていただきました。

 

 リリカラ

  80781 マットで落ち着いた感じ

  80792 どこかモルタル風

  80804 見方を変えるとヒョウ柄?!

リリカラもかなりお気に入りで最後の最後まで候補に残っていました。

 

 

本当に微々たる差なんですけど、悩みました。

なんせ、施工例の写真がない、サンプルが小さい(といってもA4くらいはあります)

イメージがあまりできず、色んな洗面所やトイレの施工例の写真を検索しました。

(でも、あるんですが、あまりないんですよね・・・しっくりくるのが)

 

なので、今回施工したことで参考になればうれしいです。

洗面所に採用したのはこちら

 

 
クッションフロア サンゲツ HM1162 施工例

 

クッションフロア サンゲツ HM1162

 

クッションフロア サンゲツ HM1162

 

最終的に選んだポイント

他の部屋のイメージと違い過ぎない

扉を隔てていたも、おうち全体のイメージとあまりかけ離れないよう色見は気にしました。

基本的にアースカラーもしくはくすんだ色を中心に選んでいます。

主に髪の毛が落ちてもそれほど目立たない

以前住んでいたアパートは白。ちょっとだけオフホワイト。

かなり髪の毛が目立っていました。(わたしの視力は裸眼で1.2!)

頻繁に掃除しなくても目立たないよう、少し濃いめの色にすることで髪の色と馴染ませました。

(それでも黒髪だと目立ちます!)

 

白の方が広く見えると言われますが、床材に関してはやはり汚れが付きやすいところなので

少し濃い色目でもいいのかなと思います。その分、壁や天井が白いとメリハリがついて

いいと思います♪参考になれば幸いです。

 
にほんブログ村テーマ WEB内覧会*洗面所へ
WEB内覧会*洗面所
にほんブログ村テーマ リノベの生活へ
リノベの生活

 
ご訪問ありがとうございます!

もしよろしければ応援をお願いします。

↓順位はこちらから確認できます~


にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*