CERA 洗面ボウルと水栓選びのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
CERA 洗面ボウル

洗面ボウルの水の飛び跳ね、気にしたことありますか?

正直わたしはまったくないですw

今回リノベーションするにあたり、洗面所の要望としたら

・収納スペースを確保し、すっきり片付けることができる

・ちょっとした化粧台になるスペースがほしい

くらいしかなかったのです。

 

現物確認のため、CERAのショールームへ行ってきました。

 

セラトレーディング株式会社 CERA TRADING CO.,LTD. 

 

『洗面台など海外デザインの水まわり商品ならセラトレーディング』

ということだけあって、カタログにはよくわからないデザイナーさんたちが

手掛けた洗面ボウルがめっちゃ載っています。よくもこんなにあるなぁと

素人のわたしは感心しっぱなし。

 

いざ洗面ボウル、水栓を選ぶとなると思った以上に奥が深い!

 

◆洗面ボウルの種類

・アンダーカウンター

・オーバーカウンター

・半飛出し

・ハーフベッセル

・ベッセル

・壁付

 

洗面ボウルだけでもこれだけ種類があります。

それにベストな水栓のおすすめもカタログにご丁寧に掲載されています。

どのボウルならどの水栓、決まっているのかーーー程度に思っていましたが、

どうも、水の飛び跳ねテストらしきことをやっており、

メーカーがその相性をデータとして持っているようなのです。すごいなぁと感心しっぱなし。

 

ということで、洗面ボウルをセラ(CERA)で選ぶということは、基本的には水栓も

同じメーカーから選ぶ方がおすすめです。(水の飛び跳ねに関しては)

 

フィリップ・スタルク氏がデザインしたオーバーカウンターの洗面ボウルに決定しました。

 

1.奥行きがあまりない場所でも設置可能
2.水がたれないように奥側にちょっとした立ち上がりがある
3.奥の壁から離してつける、壁につける、のどちらでも設置可能
4.洗面ボウルに水栓がつくタイプ

 

結構、重要なポイントが2番と4番です。木のカウンターに洗面ボウルを設置する場合、

ウレタン塗装をしてもやはり水回りなので腐食が気になります。

それを最小限に抑えることができそうか、それを考えた結果、こうなりました。

 

4番ですが、壁から水栓がつくタイプだと水が垂れたりしないのでは

と思ったのですが、シングルレバーでいいデザインのものが少ないという

理由で却下になりました。何を優先するかだと思います。

 

ショールームを見に行く度に変更し、結局3回目にて大決定しました!

(どれだけショールームばっかり行っているだ~わたしw)

 

ご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加してます。

もしよろしければ応援をお願いします。

↓順位はこちらから確認できます~


にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*