中古マンションをバリアフリーに近づける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バリヤフリー

最近の新しいマンションは部屋の中でほとんど段差がないと思います。

中古マンションではそうとは限りません。

多くの場合、洗面所、お風呂場、キッチンなどに段差があります。

バリアフリーとは程遠い物件もあります。

 

それはなぜか。

給排水のためです。

 

よく図面でみる『PS』はパイプスペースの略で

ここを通ってマンション全戸の水が給水、排水されています。

このPSから近いところに、水回りがあると思います。

 

PSから遠くなると床の下にはっているパイプの中の水が

流れ切らないため、傾きを出す必要があります。

そのため、床の高さがどうしてもあがってしまいます。

 

間取りを考えるとき、段差をあまり作りたくないのであれば

PSの近くに水回りを持っていく方がいいと思います。

 

◆キッチン

我が家はキッチンが少し暗く、希望する間取りの関係上、場所を変えることにしました。

キッチン床はリビングダイニングから15cmくらいはあがるだろう言われています。

そんなにも…うぅぅ。

はじめに知っておけばもうちょっと間取り考えれたなぁと思っています。

 

◆お風呂

今入っているユニットバスを撤去し新しいユニットバスを設置することになりますが、

マンションの給排官の位置が中心だったり、端にあったりします。

選んだ製品によりますが、その給排官の位置調整のために高さが出て、

結果段差を生むことにもなります。これは撤去してみないとわからないため、

工期に余裕があればユニットバスの選定は撤去後がおすすめです。

 

物件購入時にパイプスペースの位置をしっかり確認し、水回りの間取りについても

予め検討しておくとバリアフリーにすることも可能です。

 

高くなる場所に合わせて、その他の低い場所を捨て貼りして高さを

合わせることはもちろんできますが、この捨て貼りにもコストかかります。

悩みどころです・・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

合わせて読みたい記事&おすすめ広告

コメントを残す

*